汐留行政書士法人

会社設立・投資経営ビザ取得・更新をお考えなら東京都港区の【汐留行政書士法人】- 法人設立代行・創業支援

日本語English中文
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 法人設立のお客様
  • 在留資格(ビザ)のお客様
  • 業務内容
  • 事務所概要
  • 各種料金表
汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズ株式会社
  • 汐留パートナーズ税理士法人
  • 汐留パートナーズ法律事務所
  • 汐留社会保険労務士法人
  • 汐留司法書士事務所
  • 汐留海事法務事務所
  • 汐留特許商標事務所
  • 汐留プロパティ株式会社
  • 汐留パートナーズCEOのBLOG
  • 汐留パートナーズ税理士法人スタッフのBLOG
  • 汐留社会保険労務士法人スタッフのBLOG
  • 留司法書士事務所 所長ブログ&コラム
  • 代表弁理士 林裕己 所長ブログ&ニュース
  • 汐留パートナーズニュースレター
  • 汐留パートナーズ税理士法人 採用・求人サイト
関連サービス
  • ファンド設立.com
  • 飲食業支援.com
  • 外国人会社設立.com
  • 日本進出支援.com
  • 香港会社設立なら香港進出支援.com
  • シンガポール進出支援.com
  • インド進出支援.com
  • ハワイ進出支援.com
その他関連サービス
  • 汐留カフェ&ダイナーem
  • 東京汐留相続サポートセンター
  • Amazon Service Provider
  • One-stop Outsourced Accounting & Law office
  • 納税管理人&出国税
  • 法人保険・節税対策のことなら株式会社汐留総合研究所
  • 芸能人・スポーツ選手の為のプライベート税務顧問サービス
  • 汐留米国公認会計士事務所
グループインフォメーション

東京港区(新橋/汐留)の若手税理士・公認会計士・弁護士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士等を中心とした専門家集団

■汐留パートナーズ株式会社
■汐留パートナーズ税理士法人
■汐留パートナーズ法律事務所
■汐留社会保険労務士法人
■汐留行政書士事務所
■汐留海事法務事務所

会計事務所・税理士事務所

汐留行政書士事務所
〒105-0004 東京都港区新橋1-7-10
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら





Google Sitemaps用XML自動生成ツール

●在留資格(ビザ)とは?

ビザとは、在外公館で発行されるもので外国人が持っている旅券(パスポート)が有効であるという確認と、ビザに記載された条件により入国することに問題がないという推薦の意味を持っています。また、在留資格とは、外国人が日本に入国し在留して従事することができる活動、又は、入国・在留できる身分又は地位について類型化し法律上これを明らかにしたものです。現在日本には30種類の在留資格があります。

●在留資格(ビザ)取得の費用は?自分でできるのか?

在留資格をご自身で取得する場合には、ビザの発給のために実費を除いて支払う費用はありません。ビザの発給にかかる手数料は、一次入国ビザは約3,000円、数次入国ビザは約6,000円、通過ビザは約700円となっております。原則として、日本大使館又は総領事館の所在地国(地域)の通貨で支払うこととなります。なお、渡航目的及び国籍によって、手数料を必要としない場合や、金額が異なる場合があります。

よく、「在留資格の申請は専門家に頼まないとできないのですか?」というご質問をいただくことがあります。その答えは「Yes」でもあり「No」でもあります。もちろん、自身でできなくはないですが、入国管理局は、あくまで一般的な提出資料を示しているだけですので、入国管理局の意図を読み取って必要な書類が何であるかを考えて集めることはなかなか難しいと思われます。入国管理局に言われた資料を提出したにもかかわらず、その意図を汲み取れなかったり、日本語がわからなかったりして残念ながら不許可となってしまうケースも多くございます。

したがいまして、時間とコスト、そして受給確率を上げるためにも、私どものようなビザ取得手続の専門家にご依頼いただいたほうが無難であります。
私どもはお客様1人1人の状況につき、お話をお聞きしてコンサルテーションを行い、その上でお見積をお出しさせていただいております。経験豊富な行政書士による手続の代行ゆえ、費用もリーズナブルにご提案できるかと存じます。まずは一度ご相談下さい。

●主な在留資格の一覧

たくさんの在留資格がありますが、日本の企業が外国人を雇用するために申請しており、私どももよくご支援させていただいております在留資格についてご紹介させていただきます。

(1)投資・経営
外資系企業等の経営者・管理者のためのビザです。在留期間は5年、3年、1年又は3月となっております。詳細はこちらをご覧下さい。

(2)人文知識・国際業務
通訳、デザイナー、私企業の語学教師などのためのビザです。在留期間は5年、3年、1年又は3月となっております。このビザを取得すると、日本の会社等との契約に基づいて行う法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務や、外国の文化に基盤を有する思考・感受性を必要とする業務に従事する活動を行うことができます。

(3)企業内転勤
外国の事業所からの転勤者のためのビザです。在留期間は5年、3年、1年又は3月となっております。このビザを取得すると、日本に本店、支店、その他の事業所を有する外資系企業等の従業員が日本にある事業所に期間を定めて転勤して、日本の事業所において「技術」「人文知識・国際業務」の在留資格に掲げられている活動を行うことができるようになります。

(4)技術
機械工学等の技術者のなどのためのビザです。在留期間は5年、3年、1年又は3月となっております。このビザを取得すると、日本の会社等との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野に属する技術や知識を要する業務に従事する活動を行うことができるようになります。

(5)技能
外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機等の操縦者、貴金属等の加工職人などのためのビザです。在留期間は5年、3年、1年又は3月となっております。このビザを取得すると、日本の会社等との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動を行うことができます。

(6)短期滞在
ビザが必要な国からの観光客、会議参加者等のためのビザです。在留期間は90日若しくは30日又は15日以内の日を単位とする期間となっております。このビザを取得すると日本に短期間滞在して観光、保養、スポ―ツ、親族の訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動を行うことができるようになります。

(7)家族滞在
在留外国人が扶養する配偶者・子のためのビザです。在留期間は主たる在留資格の保有者の期間に関連して5年、4年3月、4年、3年3月、3年、2年3月、2年、1年3月、1年、6月又は3月となっております。このビザを取得すると、在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動を行うことができるようになります。


様々な方のビザのニーズにお応えできるよう丁寧にご説明、ご支援させていただきます。なお、留学・観光等のビザについては私どもでは対応しておりませんのでご了承下さい。

在留資格(ビザ)手続代行に関するお問い合わせは

03-6228-5505

月~金(平日)午前9時~午後9時の時間内でお願いいたします。